レビトラの素敵な所悪い所!結局は最高に好きなED治療薬

ED治療薬「レビトラ」

レビトラとはバイアグラに次いで世界で2番目にできたED治療薬で、2004年にドイツの大手製薬会社バイエル社によって開発・製造されました。
日本では勃起不全の改善薬として同2004年に5mgと10mgが販売され、今では20mgも販売されています。

●特徴
そもそもレビトラはバイアグラが持つ欠点を補う目的で生産された経緯があり、
バイアグラと比較しても効果の持続時間、即効性、副作用の軽減、食べ物の影響などで優れています。
オレンジ色の丸錠が特徴で一般的な海外医薬品通販サイトでは10mg4錠で5500円、20mg4錠で5600円程度で購入が可能です。

なお、最大の特徴と言えるのが主成分にシルデナフィルを用いず、「塩酸バルデナフィル水和物」よ呼ばれる成分を主成分としているところです。
バイアグラの主成分(クエン酸シルデナフィル)と勃起不全改善に作用する順序は同じながらも、塩酸バルデナフィル水和物は即効性が早く、副作用が少ないといった特徴があります。

●バイアグラの違い
先述した通り、バイアグラとの違いには下記が挙げられます。

・効果の持続時間
・即効性
・副作用の軽減
・食べ物の影響などで優れています。

それではこれらの違いを徹底比較してみましょう!

まず、効果の持続時間ですが、
バイアグラ・・・約5~6時間
レビ・・・約8~10時間

となっており、バイアグラと比較しても1.5倍~2倍の長さがあります。

次に即効性ですが、
バイアグラ・・・服用後最短1時間程度
レビ・・・服用後最短15分程度

こちらもバイアグラと比較しても4分の1の早さで効果があらわれます。

食事から受ける影響を比較しても、バイアグラは空腹時の服用が望ましいとされますが、
それに対しレビトラは基本的に何を食べても影響を受けないとされており、より服用が簡単になっています。

最後に副作用です。
ED治療薬特有の頭痛、動悸、鼻づまり等は多少あるものの、バイアグラと比較するとその強さは半分以下と言われています。
また、バイアグラの副作用で有名な「青視症」の症状も抑えられており、より負担の少ないED治療薬となっていることは言うまでもありません。

これらのように、レビトラはバイアグラが持つデメリットを埋めるだけでなく、
それ以上の効果をもたらしてくれる最高のED薬です、勃起不全でお悩みで、どのED薬が良いか迷っている方には是非レビトラがオススメです!